子供のお祝いに欠かせない贈り物~五月人形や雛人形の贈る意味~

家族

桃の節句のお人形

男の子

3月3日は桃の節句と言って、女の子の健やかな成長を願う日と言われています。そんな桃の節句には雛人形を飾るのが日本の風習です。雛人形には様々な種類があり、またそれぞれに意味があります。

View Detail

子どもの成長を守るカバン

ギフト

ランドセルには様々な性能、種類があり、メーカーや製造者によっても様々です。子どもの健やかな成長を助けるためにも、しっかりとしたランドセルを選ぶ事が大事であると言えます。

View Detail

子どもにたくましさを願う

日本人形

日本には様々な行事や風習があります。例えば正月に飾る鏡もちがそうです。玄関には門松やしめ縄を飾るといった風習があり、今でもほとんどの家庭にその風習は続いています。そんな年中行事の中に端午の節句というのがあります。端午の節句とは5月5日の子どもの日のことを指します。そんな端午の節句にも鏡もちやしめ縄の様に家の中や外に飾る縁起物があります。それが五月人形です。五月人形とは、兜や鎧をかたどった物を部屋の中に飾るといった内容になります。その時期よく目にする鯉のぼりは外飾りといって、外に高々と上げる縁起物のことを言います。五月人形は内飾りです。内飾りである兜はお子様にたくましく、力強く成長して欲しいという願いが込められていて、外飾りである鯉のぼりは、お子様の立身出世を願って飾られます。最近では五月人形ではなく鯉のぼりをよく目にする様になりましたが、本来は五月人形と鯉のぼりの両方を飾った方が良いと言われているようです。そんな五月人形ですが、男児のいる家庭への贈り物としても喜ばれます。本来であれば、母方の実家から贈るという習わしがあったそうですが、今では手軽に購入できる五月人形もあることから、友達の家庭への生誕祝いの贈り物としてプレゼントすることもあるようです。五月人形の種類も兜だけでなく、金太郎や桃太郎といった昔話のヒーロー達の人形を飾るといった形式も増えてきています。素材にもこだわっている人が多く、兜などには本物の金であしらわれた高価なものや、職人による細かい刺繍が自慢の五月人形もあります。

機能性と頑丈さ

家族

ランドセルの人気の秘密は、そのカラーバリエーションだけでなく、機能性や頑丈さもあります。各メーカーが競ってそれらに磨きをかけています。海外でもランドセルは人気です。ランドセルは贈り物としても喜ばれるでしょう。

View Detail